3)きむらとしろうじんじんの「野点」

0

    きむらとしろうじんじんの「野点(のだて)」は、リヤカーに陶芸窯・素焼きのお茶碗・うわぐすりなど陶芸道具一式と、お抹茶セットを積んで、さまざまな場所で焼物づくりとお茶を楽しむ移動のワークショップ屋台。

     昨年に引き続き今回で二年目となるこの企画は、台東区谷中・文京区根津界隈で毎回会場を変えて全4回開催した。人目を引く出立ちで参加者をもてなすじんじんの姿は、場所を確定付けず、世代や立場を超えてさまざまな人を誘い、地域の人や通りがかりの人の足を止め、しばし非日常の世界へと導いた。

    ↑根津駅前、吉田カナモノ横にて↓

    ↓よみせ通り、フラワーショップ小竹横↑


    ↑谷中霊園、三原家・おもだかや前庭↓


    ↓天王寺町会(芋坂)↑

     <実施概要>
    日時:11月12日(土)・16日(水)・※20日(日)・23日(水・祝) 11時半頃〜18時頃
     ※19日開催予定だったが荒天のため翌日20日(日)となった。
    場所:吉田カナモノ横(文京区根津)、三原家・おもだかや前庭(台東区谷中)、フラワーショップ小竹横(文京区千駄木)、芋坂(台東区谷中) (開催日順)
    総来場者数:のべ720名
    11月12日(土)―絵付け参加者:35名 お抹参加者:50名 総来場者数:186名  
    16日(水)―絵付け参加者:35名 お抹参加者:40名 総来場者数:111名 
    20日(日)―絵付け参加者:35名 お抹参加者:55名 総来場者数:270名
    23日(水・祝)―絵付け参加者:35名 お抹参加者:47名 総来場者数:153名   
    協力:吉田カナモノ、三原家、おもだかや、よみせ通り商栄会青年部、フラワーショップ小竹、天王寺町会


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック